IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
クランクでまだデカバス出てます

皆さんこんにちは!
今週に入っていきなり比叡の山々が雪化粧をし、陸上は一気に冬になった感じですが、気温が下がっても、水温は一気に下がる事は無く水の中はまだまだ生命感が溢れています!
この前からの好調な琵琶湖も、先週の雨によってややパワーダウンしてきました。
これは雨の温度が琵琶湖の水温より低いので冷たい雨水が下に入ったためにバスが一時的に反応しなくなっているからで、落ち着けば表水温も10度以上あるため、まだまだ秋パターンでいけそうです。
今の状況になってからは、チャンネル沿いにいたデカバスは一気に冬っぽくなっていて、先週までの中層を巻き続けるリトリーブよりもライザークランキングの方が、反応が良くなっています。
チャンネル沿いよりも今は、チャンネルから一段上がったフラットにある、カナダ藻がルアーに反応できるバスを多くストックしています。

IK-250で釣った59センチです!
このバスは、透明度の高いエリアで、クランクが見えているところに下から突き上げてきて食う瞬間が見えたので、びっくりでした。このバスを最後に中層では50UPが出ていませんが、状況しだいなので色々試してくださいね!

ライザークランキング&ジャークに反応した50オーバーです!

今後水温が低下して、冬パターンになると数は釣り難くなりますが、狙いどころやパターンがハッキリとするので、厳しいながらも釣果は安定してきます。
此処何年かは、アクティバなどのチャンネル沿いにあるカナダ藻にクランク等の巻物を絡めていくのが風物詩になっていますが、さらに冷え込みがキツクなりだすとフラッピンやバイブのリフト&フォールにも反応するようになって来るので、こちらも要チェックです!!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ