IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
最近の釣果とこれから・・・

先週の大潮前から大潮が終るまでは、沖のスポーニングエリア周辺で巻物にかなりの好反応を示していたプリバスも、大潮の終わりと共に巻物への反応が無くなってきています。
次の大潮前までは、アフターやポストのバスがメインになってくると思うので、スローな展開がメインになってくると思います。
僕のおすすめは、スプリットです。なぜ?っと思われるかもしれませんが、最近、投げている人が少ないのと、ワームを自然に演出出来るので、体力が無くやる気の無いバスにも、違和感無く食わせることが出来るのがスプリットの強みです。
タックルは、テムジンのスカイマスターなど6.4〜7ft位の柔らかめのスピニングと、スーパーフィネスの4lbなど、やや細めのフロロとのコンビネーションがおすすめです。またワームは一口サイズで、あまりボリュームの無い物が良いと思います。
最近のガイドの釣果情報!!!
最近ハマっているジャバロンやデカいシャッドテール系ワームのテキサススイミングと、モグラジグにパワーラトルホッグのズル引きをメインにガイドをしての釣果です。

23日、ゲストの方と三人で、40〜55cm15本。
ジャバロンで50UP!
24日、友達と大会をして、1位9500gと大爆発。
自分は、7500gで8位とダメダメでした・・・。

写真は3500gバスです。
25日、ゲストのオブ・ジョイトイ様と二人で40〜55cmを10匹
26日、ゲストの高橋様と二人で45〜55cmを7匹

そして、
27日、長野県から10人でお越しの百瀬様グループとガイド五台で、30〜53cmをイッパイ!
 
こんな感じできたらデカイパターンを押し通しています。
しかし、大潮の終わりと共に釣果が落ちてきているので、そろそろ巻物だけでは辛くなってきました。
次の大潮前までは、スローな展開も必要かなー?やりたくねー・・・

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ