IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
南湖のキモ

南湖では、水温が8度前後で落ち着いて、バスはいい感じに泳ぎ回っていて未だに、食性で釣れています。
今後、強烈な寒波などが来ない限りはこの状態が続きそうです。
世界的にも今年はエルニーニョ現象の影響から暖かい気候になっているみたいですしね!!!
先週はバスがウィードのトップから大分離れてサスペンドしている感じで、ルアーもボトム付けない方が、反応が良いように感じました。
この時季に中層で、と思いますが、やはりこの水温の影響で、一筋縄ではいかず、レンジがころころと変わっています。
これは一日単位でも言えますが、時間単位で見たほうが釣りには役立ってくると思うので、魚探を注意して見て映像が変わればルアーも変えていった方が良いと思います。
なんぼバスが動いているといっても、冬なのでそんなには追ってきてくれません。このレンジだけはしっかりと合わせないと、バスの視界には入っていても口を使うまではいかないので、めんどくさがらずにルアーローテーションしていくのが肝になっています。

これにカラーアクションの違いなども考えていかないといけないので、すごい数の組み合わせになりますが、今年の場合は水温も暖かく、まだ食性が残っているので、あまり強すぎない動きのものが比較的安定してバイトがあります。
やる気のないバスのスイッチを入れるときや、バスの居場所が解からずに探していく場合などは、ウォブルの強いものがよく、逆に、プレッシャーで怯えているバスや、ディープの神経質なバスやスクールから何本も抜きたいときなどは、ロール主体の物が良いように思います。

ローテーションの結果です!!!

この日のガイドでは、女性の方も来られていて、ベイトが苦手だという事で、午前中はスピニングをメインにして色々試したのですが、全く反応が無かったので、午後は、女性の方にはキャストの基本を練習してもらったのですが、かなりセンスのいい方で、10分もすればマスターされました。午後は最近好調のクランクを主体とした巻物で押し通しました。

IK250に思わず・・・

こんな感じで、数は少ないものの湖に出ればバスの顔を見る事が出来ます。今年の冬は十分にチャンスがあるので引き続きガイドを行っていこうと思いますので、良かったら遊びに来て下さい!!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ