IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
ビッグバスとロッドの関係

今までのバスとの真剣勝負の中で、何度と無く味わってきた敗北、20ポンドや、30ポンドを簡単に引きちぎっていかれる度に、次は絶対にとってやると思うが、未だに奴らには勝てずにいます。
記録級のデカバスとのやり取りを考えると、ウィードやストラクチャーが無い場所では、ラインを出して耐えて、バスが弱るのを待てば意外と何とかなるのですが、ウィードが水面まで生えているような場所では、ラインを出す事も許されないのでこういった時のやり取りでは、いかにバスを暴れさせずにするかという事が大事になってきます。
記録級のバスが本気で暴れれば、30ポンドでも簡単に切れるので、こういったバスとは喧嘩していては取り込む確立が一気に下がってしまいます。
やり取りには2種類あって、フッキングと同時にバスをこっちに向け一気にランディングする方法と、バスをいなしながら、暴れさせずにランディングする方法です。
又、もうひとつ、琵琶湖のウィードポケットのような近距離戦と、リザーバーやクリアなフラットレイクでの遠距離戦ではフッキング、ランディングにかかわるロッドの性能は決定的に変わってきます。
遠距離戦ではラインのスラックや伸び、それにロッドの柔らかさが加わるので、その伸びと曲がり分、バスを一気にカバーから引き離すことが難しくなり、一瞬で沈みティンバーやブッシュなどのウッドカバーに潜られることがあります。ハードカバーでは掛けた一瞬でカバーから引っぺがし、水面へ顔を向けさせないと、下を向かれて猛ダッシュで潜られたら一巻の終わりです。バスが何がなんだかわからないうちに一気に浮上させ水面付近で勝負できればほぼ確実に獲れます。バスが下を向いてしまうと一気に潜られる最高パワーを発揮するので、反転させないベリーの強さがものを言います。こういったハードカバーや遠距離戦のためには軽くてキレのある電撃系の「ガンスリンジャー」がベストになるのです。

グラスマット系ソフトカバーと無限沈みブッシュ系ウッドカバーではおのずと要求されるロッドの違いが出る。
ゆえに海外ではブレイデッドラインが主流。60アップでも問答無用で一気に引っぺがさなければならない。
ここがロッド作りの難しいところなのです。
一方、琵琶湖のグラスマットがらみの記録級のバスの場合、大の大人がフルパワーでフッキングしても、こっちを向かない事が多いので、一気にランディングする事は難しく、後者のいなす事が大事になり、いなす為にもトルクのあるロッドが必要になってきます。
どういう事かというと、パワーだけの硬くて曲がりにくいロッドだと近距離ゆえにあわせ切れ、口切れも多く、バスが暴れた時に、衝撃がバスに直に感じるためにバスも危険を感じ必要以上に暴れてしまいます。
こうなれば、30ポンドでもラインを出さなければいけなくなります。
ラインを出さなくても良いようにトルクのある粘るロッドでいなす事が出来れば、後はロッドの性能を使い上げてくればいいのでランディング率が上がります。
トルクのあるロッドにしたお陰で、ビッグベイトなどの重量級のルアーを投げる時ものりが良く、ショートキャスト時のフッキングの切れそうといった不安も一切無く、
安心して記録級のバスを狙えるロッドになっています。
これが前山流の琵琶湖記録級のバスを高確率でランディングする方法です!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ