IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
ディープでのリアクションジグ

ずいぶんと寒くなってきましたが、この時期になると無視できないのがディープの存在です。
特にリザーバーなどでは10mを超えるようなウルトラディープは水温も安定していてベイトフィッシュが絡めばバスの存在も確認することができます。
こういった寒い時期にシャローにいるバスはフィーディングに出ているためアクティブですが、ディープのバスはなかなか高活性とは呼べない状態の魚だと思います。
そういった、バスに対して有効なメソッドがリアクションフットボールジグです。
ゴブリンヘッドには3/4オンス、5/8オンス、1/2オンスと3種類のウエイト設定になっていますが、特におすすめしたいのは最も重量のある3/4オンスです。

メリハリを出したいならより重たいウエイトをチョイス!

バイトが遠くなるとジグのウエイトを軽くして食わせの方へ意識がいきがちですが、あくまでもリアクション狙いなら重量のあるジグの方が動きのメリハリがつけやすくボトムバンプでのアピールも強烈です。
ボトムバンプとは文字どうりボトムでジグを跳ねさせるアクションのことですが、重たいジグが跳ね上がってボトムに落ちた時に、何かしらのゴンとかドンとかドスンといった音を発していると思うんです。
ボトムの底質がハードならなおさらですよね。
音の存在というのは、時にバスをスプークさせてしまう時もあれば全く逆に強烈に反応するときがあります。
なので決して無視できない存在なんですよ。
もちろん状況の見極めは大事ですが、こういった激しい動きや音がリアクションバイトを誘発するの一役買っているのは間違いないです。

リアクションフットボールをする際にタックルセッティングも非常に重要で、柔らかめのロッドではディープでメリハリのあるジグの動きが出せないので、カレイドスーパースタリオンやガンスリンジャーなどのジグのウエイトに負けないような張りのあるロッドをチョイスして下さいね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ