IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
テトラ、リップラップにダイナゴン!

昨日は東京でも初霜が降りたらしく、我が家から見える八王子の山々も雪化粧していました。
師走に入り忙しく、仕事づくめの毎日を過ごしいますが合間をぬって、霞ヶ浦へと出かけてきました。
仕事の疲れからか早起きするつもりが二度寝・・・。
マリーナに着いたのが9時半ごろになってしまい、そそくさと身支度して準備を整える。
この日は北東からのゆるい風が吹いていたが、予報によると強くなる気配もないようなので安心して大山を出船する。

この日のファーストエリアに選んだのは出島の一文字。
北寄りの風をプロテクトしてくれる冬には実績のあるエリア。
エレキを下ろし水温計を確認すると10.5度となんとか二桁台に留まっていた。
水の色はお世辞にも良いとは言えない状態でやや白濁しているように感じられた。

霞ケ浦を釣る上でとても大切にしていることは水の良し悪しなんです。
マッディーウォーターなので初めての方や、霞が浦での経験が少ない方には判りにくいようですが確実に釣れない水の色と釣れる水の色が存在します。
なので釣れない水の色のエリアで粘るのは得策ではないので、良い水を求めて移動をするように心がけています。

この日の出島は良くはないが最悪とまではいかない水の色なので、まずはシャッドからアプローチを始める。
ワスプ、スーパースレッジ、スーパーキラービルとローテーションするも反応がないのでやや深い場所をIK250で流していく。
一通りチェックし反応がないので東浦に移動し同様の条件を満たすエリアをランガンするもバイトが遠い。
なので、大きくエリアを変え、下流域へとバウを向ける。

麻生のドッグ前のテトラをチェックしようとエレキを下ろすと明らかに今まで回ってきたエリアの水より良い水だ。
期待して巻物を中心に釣っていくがバイトがない。
そこで再度移動してもう少し水深のある牛掘の沖のテトラに移動する。
ここも水は良い。
テトラに近い側はIK250、深い側にあるこぼれにはIK400で探っていくも反応がない。
ここまで半日、巻物で押してきてじゃれるようなバイトが二度あっただけなのでワームでスローに探ることに。
選んだのはダイナゴン4.5インチ。
バックスライドでテトラの中を直撃することに作戦変更。

ストレッチを流し始めてわずか数投、いきなりゴンッと強烈なバイト!
渾身の力でフッキングを決め、瞬く間に抜きあげる。

キロアップのグッドコンディション!
カレイドスーパーコブラ
プレミアムプラス16ポンド
ダイナゴン4.5インチCORE SHOTスモークブラウンペッパー

実はこの時期のやや水深のあるテトラでのダイナゴンは実績大のルアー。
キャストして着水したらバックスライドしていくのでテトラの穴の中へと入っていきます。
バイトが無ければ、少し竿をあおり次の穴とだんだんとレンジを落としていきます。
ワンキャストで幾つものテトラの穴をさぐれるのがダイナゴンのすばらしいところ。

シャッド、クランクではめたかったが最後にダイナゴンがいい仕事をしてくれました。
もっと釣りをしたかったのですが、あっという間に日没が近づきストップフィッシングに。
たった一本ですが冬の貴重な本湖のバスをゲットできて気持ち良く竿を納めました。

冬に動けるバスは体力のある個体なのでダイナゴン4.5がおすすめ!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ