IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
冬将軍到来!

随分と寒い日が続き冬真っ盛りと感じる今日この頃ですが、みなさんもう初釣りは済みましたか?
私も気合いを入れて2009年の初釣りにに出かけてきましたよ。
本来であれば霞ヶ浦でボートを出したかったのですが、あいにく丸一日の時間が取れなかったので茨城県の水路におかっぱりへと出撃。

冬の釣りを考える上でとても大切なキーワードがいくつかあります。
絶対に外せないのが防寒対策です!
まず寒さを感じるようではまともに釣りにならないですから、必ずしっかりとした防寒をして釣りすることです。
この分野では東レ製品はラインナップも充実しているので好みのタイプの防寒ウェアを選んでいただけると思います。
中でも特にお勧めしたいのがテクノサポート!
これがあるかないかで温かさが段違いです。
テクノサポートを着ることで極端な重ね着をする必要がないので動きも制約されずに快適に釣りに集中できますよ。


防寒対策が済んだら次にポイント選びですが重要なことはできるだけ水温の変化を受けにくい場所を選択すること。
どのフィールドにも水温の安定したディープがあるわけではないのでシャローよりディープといった単純な考えではなく、流れという要素を考えるならあるところよりはないところ。
日照による水温上昇を考えるなら日のあたらない場所よりは日のあたる場所。
風による影響を考えるなら当たっている場所よりはあたっていない場所といった具合にポイントを絞っていけば冬に釣るべき場所というのが見えてくると思います。

実際にポイントが決まれば実釣ですが、真冬の釣りでは一日粘ってもチャンスが2、3度というのも珍しくないですよね。
それがハードベイトであってもワームであってもあまり変わらないのが冬だと思います。
なので私はハードベイトを中心に展開することが多いです。
それはできるだけ大きなバスを釣りたいからです。
大切なことは釣れないからといってすぐに諦めないことです。
釣れなければレンジが違うのか、リトリーブのスピードが違うのか、リトリーブする方向が違うのかなどと考えながら釣りをすることが大事だと思います。
そうした積み重ねがその日のパターンにたどり着き、真冬なのに連発なんてことがあるのがバスフィッシングの醍醐味なんで暖房の効いた部屋でじっとしていないで是非とも冬のバスフィッシングを楽しんで下さいね。

というわけで私の初釣りの結果ですが、諦めずにワスプ50を投げ続けた結果、なんとか初バスをゲットしてきましたよ!
私自身、この冬はシャッドの釣りを猛特訓して来るべき春にいい思いができるように頑張っていきますよ!

この日は、よほど行いがいいのか防寒も脱げるほどの暖かさだったのであしからず(笑)

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ