IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
水温3度!! 熱き男たちのドMな戦い!

むかえた本戦、18日は早朝から穏やかな天候となり無事に開催できそうで開催者、参加者ともどもひと安心。
エントリーは22艇、33名の霞人(かすみんちゅ)が集いました。
エリアは利根川を除く、霞水系全域という広大なトーナメントウォーターでの開催。
一般の方々にWBSプロ、JBプロと普段から霞で釣りする熱い顔ぶれです。

前日のプラクティスで判ったことは非常ぉ〜にタフなこと!
たぶんチャンスは一度か良くても二度、そのチャンスをものにできる人だけがバスを持って帰ってこれるといういこと!
そして、フラッピンソニックにだけ反応するバスがいるということ!
この状況を踏まえて私にできることは自分の信じたエリアでフラッピンソニックと心中するしかないぞと心に言い聞かせました。

フライト順は後半の方なので皆のスタートを見ていると下流域へと多くのボートがバウを向けていた。
私もスタートとなり後へと続き北利根川を目指す。
冬の乾いた空にバスボートのエンジン音が響きわたる。
程なく北利根川に到着してエレキを下ろすと多くの参加艇が横利根川に入るために水門が開くのを待っていた。
私は昨日、バスからの反応のあった牛掘公共桟橋前のエリアへ。
バッティングは皆無で完全なマイウォーターとなりひと安心。

魚探をチェックするとベイトからの反応でフィッシュアラームが鳴り響きだした。
バーチカル気味にフラッピンソニックでアプローチを開始するも反応はない。
そこでショートピッチでテトラに対してピッチングで釣っていくとチャンスはいきなり訪れた。
テトラからカーブフォールでボトムに着底後の一発目のリフトに生命感が宿る!
フッキングを決め難なくボートへ抜きあげる。
やはりフラッピンソニックに反応するバスはいた、しかし400g台のバスだったのでこれでは勝てないだろうと思いその後もフラッピンソニックで押し通すも2度目のチャンスは訪れること無く帰着へと向かった。

蓋を開けてみると参加33名の中、ウェインは2名、予想通りの激タフトーナメントとなりました。
1位は奥山さん 845g 古渡のテトラのアウトサイドをシャッドで攻め見事に優勝されました。
2位は私     455g 

私の横で優勝の目録を手にされているのが奥山さん。

実はこの弁天トーナメント今シーズン4戦中3戦しか参加できてないのですが、最終戦を迎えるにあたってトップの方と大きくポイントで水を開けられていたものの最終戦はポイントさらに2倍という、昔のTV番組のクイズダービーみたいなノリなもんでどうやら私にも上位しだいではチャンスありという訳で年間チャンプまで頂いてしまいました!

釣り仲間の松尾プロの誘いで軽い気持ちで参戦させてもらった弁天トーナメントですが駐艇メンバーの方やWBSプロなど多くの方々と親睦が深められ私にとってとても有意義な参戦でした。

チビではあるが貴重なバスとなった455g

結果を見ていただいて霞水系に現状のタフぶりがおわかりいただけたと思いますが、そんな中でもフラッピンソニックで二日間に亘り真冬のバスを手にすることができました。
シャッドもクランクもスピナーベイトもジグもワームも全部ダメといった八方塞がりの状況でこりゃお手上げだと諦める前に是非ともフラッピンソニックを投げて下さい、真冬の感動的な出会いがありますよ!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ