IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
トップウォーターのすすめ

最近の関東地方では、グズグズとした天候続きでいよいよ梅雨入りも近いのかなと思わせる今日この頃です。
雨の中の釣行を嫌がられる方もおられますが、ゲリラ豪雨のような雨と違い梅雨時の一日中しとしとと降ったりやんだりする雨は明らかにバスフィッシングにおいてはプラスに作用する雨なので、是非とも雨にめげずにしっかりとしたレインウェアーを持ってバス釣りに出かけてほしいです。

この時期のバスはスポーニングから回復しつつあり一年の中でも非常にアグレッシブにルアーへ反応する時期なのです。
中でもトップへの反応がすこぶる良くなり、トップウォーターパターンがはまりやすいシーズン。
梅雨の特徴のしとしと雨が降る状況というのは当然ローライトなわけで、バスもカバーから離れて動き回りやすく、活発に餌を追いかけられる状況にあるわけです。
バスを取り巻く環境(ベイト、エビ、虫など)も活発に動きだすころであり、産卵で使った体力を回復させるためにバスは食欲旺盛になっています。

イマカツトップウォータープラグと
マイフェイバリットトップウォータープラグ

トップではめる条件としては極端な大雨でない事と、もう一つは強風でない事。
湖面が激しく波立った場面ではバスからルアーの存在を発見されにくくなります。
ペンシルベイトなどのドッグウォークやスイッシャーのプロップが上げる飛沫、ホッパーのスプラッシュ、虫系の波紋などが有効に作用しずらくなるからです。
こうして考えるとトップウォーターがいかに繊細なルアーなのかということを感じますよね。
でも、バスが水面に出るときの興奮はこのジャンルのルアーのみが味わえるエキサイティングな釣りなのでボックスの肥やしにならぬようにルアーに魂を入れてやってください!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ