IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
相模湖釣行記その1

師走の忙しい合間を縫って相模湖へ出掛けてきました。
津久井湖との二連ダムで、上流に位置する相模湖は関東の中でも古くからバスのいる湖です。
東京からのアクセスも非常に良く、私の自宅から1時間足らずで行けるフィールドなので、以前より度々通っている湖です。
この湖はレンタルボートオンリーなので、私はたいてい日相園さんを利用しています。
バックウォーターの中流域に位置し、秋山川とのインターセクションになっているので、一年間を通して、魚影の濃い場所です。

東京チャプターの会場にもなっています
出掛けたこの日は朝の冷え込みが激しく、相模湖ICを降りると霜で一面が真っ白になる程で、−2℃まで気温が下がっていました。
湖上は想像以上に寒く、防寒着ではカバーしきれない足にはカイロを貼り、手にはグローブ。
指先を息で暖めながらキャストをしているとカリカリカリ、、、と異音がする???
何かと思い、竿をよくよく見るとガイドが凍っているがなっっ!!さっむぅ〜!!
冬の釣りを満喫といったところでしょうか(笑)

これだけ冷えると上流は厳しいだろうと思いパス、釣り下りながら魚を探すことにしました。
一気に下り本湖の入り口に広がるディープフラットをチェック。
ボトムには、ワカサギらしきベイトの反応が魚探に映し出されたので、すかさずフラッピンソニックを投入。
幸先良くスティードが絞り込まれる!
が、しかしあがってきたのはグッドサイズのウグイでした、、、。

たっは〜

気を取り直し釣り続けるも反応は無く、更に下りワンド内の変化をディープ中心に探っていったもののこれまた反応が無し。
太陽も高くなり気温も随分上がってきたので、ならばシャローとシャッドパターンを試すもこちらも沈黙。
完全に手詰まりといった感で、これはどうしたものかと考えあぐねた末、そういえば、と、ワカサギ釣りのボートがでて頻繁に竿を曲げていた日相園前へとバウを向けました。

そして、、、、そして、、、極寒の中での釣りにとうとう報われる時が来るのですが!

報われるのでしょうか?

相模湖釣行記その2へつづく・・・。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ