IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
晩秋の裏磐梯へ

トーナメントも終わりホッとしたのも束の間、今シーズンに色々と残した課題を再検証し来季へのステップとするために桧原湖へスモールの練習に行ってきました。
裏磐梯はまさに錦秋と呼ぶにふさわしく山が真っ赤に燃えるように美しい季節を迎えていました。

日本の秋は綺麗ですよね、
こういう景色に身を置いて釣りをすると癒されますね。

地元の方の話によるとTOP50開催の頃よりは若干、増水傾向との事。
というもののかなりの水位が低い状態で糠塚島裏のスタンプエリアは平水時には見えないスタンプが姿を露わにしていたり、月島以南ではハンプ群がいたるところにむき出しになっており航路を少しでもずれるととても危険な状態でした。

月島、トウフ岩もご覧の通り。

水温は12〜13℃台でターンの影響かほぼ全域で若干の濁りが見られる状況。
確実に冬はそこまできている感じでインナーにはテクノサポートを身につけ防寒着をしっかりと着こんで湖上ではちょうど良い感じでした。
秋のスモールと言えばワカサギを絡めたディープフラットのパターンということで早稲沢、大川沖、金山などのフラットで魚探とにらめっこするものの今ひとつプアな反応しか見られずパッとしない釣果であったため、南下してパンプ群を攻めてみることに。

パンプですぐに答えは出た!
水深8〜9メートルのロックパンプでラビットジグ10g一点シェイクに反応したナイススモール。

月島以南のパンプ群を釣っていったんですが、決してどのパンプでも良いわけではなく連発するような場所には法則性が。
必ず近くにスーパーディープを備えているパンプでフラットが周りに存在するようなところにはスモールからの高反応が得られました。
思うにスモールは冬を意識し始めていてまだ水温が下がりきらないこの時期に活発に捕食行動をしているようでした。

インチモジャオ、ジャバスティクによるダウンショット、ライトキャロが好調で釣果は瞬く間に2ケタに!


試合で使うルアーや釣り方などはどうしても偏りがちになり、いつもの場所でいつものルアーで、いつもの釣り方でとなってしまいがち。
だからこそたくさん練習して今までの自分がしないアプローチを試みることが大切だと感じました。
バスが釣りづらくなる冬までの間、数多くフィールドに出ようと思う今日この頃です。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ