IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
霞ヶ浦で種目釣り?

いよいよ師走になりましたね。
私の周りでもインフルエンザや風邪でダウンしている方が多いですが、至って元気な私です。

さて、先月末になりますが霞ヶ浦へ出向いてきました。
今回はオフシーズンなので一緒にやろうかということで松尾プロのコブラに同船させてもらっての釣行。
初冬と思えるような寒い日が多くなってきましたが、水温は12〜13℃あたりを示していていよいよ一桁に近づいてきたなという感じです。

マリーナを出てファーストアプローチは牛堀の沖テトラ。
今回はイマカツから届いたばかりのモスブレードをセットアップしたモグラチャターとIK-300Wモザイクの引き心地を試したかったので、ファーストムービングで探していく展開でスタートした。
IK-300WモザイクはIK500Rと同サイズのボディを持つビッグクランクながら引き抵抗は非常に軽く一日巻き通しても疲れることなく使えるクランクだと感じました。
モグチャの方ですがこちらは期待通りの千鳥アクションです。
セットアップもさほど時間もかからず、誰が使ってもバスを魅了するアクションが出せるのは嬉しい限りですね。

沖テトラをひと流しして次に向かったのは小高干拓、本湖東岸に位置する非常に長いテトラ帯。
この日は北寄りの風がやや強く吹いていたので風裏となるハードボトムでサスペンドゲームを試してみることに。
松尾プロはダウンショットで丁寧にシェイク、ステイを交えながら釣っていると “来ました” の声!

上がってきたのは巨大シロギス?それとも霞産大ワカサギ?
無理やりバス持ちしてますが・・・。

実はこれはぺヘレイというアルゼンチン産の魚でスペイン語で(王様の魚・王様に献上する魚)に由来するらしく食べると非常に美味な味わいだそうです。
もちろん、霞ヶ浦にお帰りいただきましたが(笑)
珍しい魚が釣れた後もバスからの反応はなく冬の定番、出島の一文字に移動。
先ほどと同様にそれぞれのアプローチで釣り始めると松尾プロにまたしてもバイトが!

ゴンッと目の覚めるようなバイトでしたがニゴイくんでした〜。
ひつこくバス持ちですが・・・(笑)

このまま外道釣り一直線だ〜とガルプを手にキャット、ギルを狙いだす松尾プロ。
良からぬ方向へと向かいそうなので即、移動を決断。
東浦のドッグ周りに位置するハードボトムへバウを向ける事に。
ここまでほとんどの時間をハードベイトで巻いてきたのだがバイトが遠いので霞ヶ浦定番のワームとなったジャバシャッドのベイトネコでアプローチ。
すると、ボトムを取った後にスイミングし始めると抑え込むようなバイトがあり、スィープに合わせランディングに持ち込む。

やっと本命のナイスなバスです。
もちろんバス持ちです(笑)

五目釣りとはいきませんでしたが初冬のバスにも出会え、オフシーズンらしい仲間とののんびりとした一日を過ごせました。
これから寒さも釣果も厳しくなってくる季節ですが冬には冬のゲームがあり、一匹の価値がとても高いゲームが冬のバスフィッシングです。
探して探して見つけたバスは感動もひとしおですよ。
寒さにめげずにフィールドに足を運んでみてはいかがでしょう。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ