IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
早春の王道パターンと言えば・・・

いよいよ2月も後半になり日照時間も少しずつではありますが長くなってきました。
3月になれば各フィールドでも水温が上昇傾向に移っていきます。
そんなタイミングでスポーニングを意識した大型の個体から冬の越冬場所を離れシャローに・・・なんていうのは色んなメディアで一度は目にしたことがあるフレーズですよね。
確かに3月の声を聞く頃から大型のバスから動き始めますが、3月は春一番が吹いた後も寒の戻りなどもあり中々、天候が安定しない事が多いですよね。
バスはシャローに上がりたい・・・でも、寒くなったから少しディープ寄りに戻る・・・ってな感じでバスの行動も一進一退を繰り返します。

なのでこの時期は、ディープでもシャローでもない俗に言うミドルレンジがキーになることが多いですね。
越冬場所とシャローのスポーニングエリアの間にあるミドルレンジの何か。
例えば、オダであったり、杭であったり、岩であったりというストラクチャーなどがセカンダリーポイントとなる可能性を多く含んでいます。
こういったピンスポットとは別にベイマウスにある岬状の張り出しやベイトの通り道となるブレイクなども要チェックしたいところです。

こういった早春の場所を踏まえてルアーの選択になるのですが、絶対に外せないのはサスペンドシャッド。
王道中の王道と言ってもいいでしょう。
止める事のできるサスペンドルアーの持つアドバンテージはとても大きいです。
このジャンルに関してイマカツのラインナップは超豊富!

ワスプ50
ワスプ55

ワイキラ
スーキラ

ジレンマ
ジレンマ・スーパースティープ 

ジレンマにはジレンマオリジナルとスーパースティープの間に位置する2メートルダイバーのジレンマ・スティープも加わり充実のラインナップ!
まあ、これだけキャラの違うサスペンドシャッドが各レンジに揃えば本当に死角なしです。

何と言っても春は一年で一番のビッグママに出会えるチャンスですからね。
フィールドへと出かけましょう!


HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ