IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
春バスの動きを捉える

まだまだ寒い日が続く霞ヶ浦近郊ですが、確実に日照時間が伸びてきました。
少しずづではありますが冬から春へと季節が進行してゆくように感じています。

さて、2月の終わりから3月の頭にかけて春一番の訪れがあると思われます。
勿論、春一番が観測されない年もあるのですが、強い南風が吹くあたりからバスは確実にシャローを意識し始めます。

大きな個体のバスほど、この傾向は顕著です。
なので、そのフィールドのビッグバスを手にしたいなら、外せない時期の到来が近づいてきました。

とはいえ3月のバスは簡単に釣れるほど甘くはありません。
春一番が吹いて一旦、上がった気温も必ず寒の戻りがあり、季節の進行も一進一退を繰り返しながら徐々に春へと移行してゆきます。

俗に言う三寒四温というやつですね。

毎日、フィールドへ出られる人ならシビアなこの時期のバスの動きを捕まえる事も可能でしょうが、大半のサンデーアングラーの方なら苦戦を体験された方も多いと思います。
それでも、フィールドへ出ればバスを釣りたいのが釣り人です。
あぶれないため、もしくはビッグバスを手に入れるためのヒントを今回は書きたいと思います。

これから春に向かい絶対に押さえておかなければいけないのがスポーニングエリアの存在です。
この時期のバスは勿論、食性でも動きますが基本的に子孫の繁殖行動に伴って行動します。

水温、気温共に上昇し始めると直ぐにシャローに上がるかと言うとそんな事はありません。
まずは越冬場所を離れてシャローへと上がる為の中間点に集まり始めます。

ここが俗に言うセカンダリーポイントというところです。
じゃあ、それって何処よ?ってことですよね。
そこで重要なのがスポーニングエリアと越冬場所にある中間点です。

フィールドによってはそこが取水塔であったり、大きな岩であったり、沖のハンプであったり、乱杭であったりとまちまちですが、まずはこのセカンダリーポイントを特定する事が重要な作業になります。

ある程度、セカンダリーポイントを特定できたなら釣行に出向く日の4〜5日くらい前の天候には注意深く観察しておいて下さい。
例えば、釣行の日の5日前、4日前までは暖かい日が4日ほど続いたが、3日前に寒の戻りがあり釣行日は寒い一日になりそうだ。
とか、寒い日が続いていたが3日前に春一番が吹き急に春めいて釣行日は暖かくなりそうだ等々です。

こういった情報をインプットしたうえでフィールドに立った時、越冬場所からバスは今、どこにポジショニングしているのかを推理してゆく訳です。
越冬場所を離れたバスも寒の戻りがあれば再び越冬場所に戻ったり、暖かい日が続いて大潮が重なれば多くのバスが一気にセカンダリーポイントに集まりだす事もあります。

こういったシーズナルなバスの動きを理解した上でのプリスポーンバスとのゲームは当たれば天国、外せば地獄の紙一重のゲームになることも多くありますが、一年でもかなりエキサイティングなゲームであることは間違いありません。
春バスの動きを捉えることは、バス釣りをやっていく中で上達してゆく要素が沢山、詰まっています。
是非とも、早春のプリスポーナーをゲットするべくフィールドに出向いてみてはいかがでしょう。


次回はプリスポーン攻略ルアーについて書きますね〜!


HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ