IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
全開放水の琵琶湖

立て続けに台風15号、16号によってもたらされた雨が近畿地方にも大量に降りました。
この原稿を書いている今は全開放水が続いており、バスの着き場はこれからどんどん変わっていくことが予想されます。
六本柱北側のエリアでは大規模な藻刈りも入り、このエリアのカナダ藻に入っていたバスも大きく動いていると思われます。
全体的に見てバスは夏のエリアから秋のエリアへとポジションを変えていくタイミングが来ているように感じています。
今後は水温が下がり始めると横への反応も良くなってくるでしょう。
さて、ガイドですがローライトに相変わらず好調なのはモグチャモンスターです。

カナダ藻エリアのウィードトップを引いてくるとウィードから飛び出しバイトしてきます。

特にハスが入って来ているエリアでは高確率でバイトがあるのでローライトの日に行かれたエリアでハスがバスに追われているシーンなどを見かけたら大チャンスですよ!

ハイパーモグラジグ+ダットカットは選んでビッグフィッシュが反応しています。

チャンネルラインもそうですが、藻刈りなどでできた人為的なウィードのエッジなどでウィードのあるところから無くなるところを選んでジグを投入することでかなりの率でバイトが得られることができます。
ここで鍵になるのはベイトの存在でフィッシュアラームが鳴り続けるようなエリアでは高確率でビッグフィッシュが反応しています。

イールクローラー7ネコで自己記録更新の57!

水温も下がり始めウィードの中から出始めたバスにはイールクローラー7ネコが効果的です。
ウィードの背丈が高いことから現在はラインのポンド数も上げ10〜12ポンドを選択しています。
この釣りでは数釣りも可能で、バイトが少なくなる時間帯にもコンスタントにバイトが得られるので特に有効です。
サイズこそ選べませんが25クラスから55オーバーまで喰ってくるので気は抜けません。
タフな時間帯にはベイトフィネスを取り入れるのも、一日釣りする中で集中力を持って釣っていけるのでガイドパターンにも取り入れています。
思わぬビッグフィッシュが反応することも多いので琵琶湖でもベイトフィネスは一年を通してバスを連れてきてくれますよ。

暑さも落ち着き、釣りやすい季節がやってきました。
ビッグバスを狙いに秋の琵琶湖へ(^^)

★最新ガイドスケジュール★

9月
7(土)、8(日)、9(月)、10(火)、13(金)、14(土)、15(日)、16(月)、17(火)、18(水)、19(木)、

20(金)、22(日)、23(月)、24(火)、25(水)、26(木)、27(金)、28(土)、30(月)

10月
1(火)、2(水)、3(木)、4(金)、5(土)、6(日)、7(月)、8(火)、9(水)、10(木)、

12(土)、13(日)、14(月)、15(火)、16(水)、17(木)、18(金)、19(土)、

20(日)、22(火)、23(水)、24(木)、25(金)、28(月)、29(火)、30(水)、31(木)

ガイドボート  スーパーホーク1900
          オプティマックス200


集合場所    ミックバスクラブ 大津市苗鹿3丁目227

★ガイド料金★  時間 7:00〜17:00 
           (シーズンにより変動します) 

  1名 ¥38,000
  2名 ¥43,000
  カップル、夫婦及び親子(18歳未満)の場合
  2名 ¥40,000でご案内いたします。

090−4125−0319  オガワ直通

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ