IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
第3戦 野尻湖戦

野尻湖戦は皆さんご存知の通り、相羽純一選手の5連覇という偉業を達成し幕を閉じました。
私にとって野尻湖は初めての湖。プラには5日間の日程で臨みました。
お盆を過ぎた頃の野尻湖は高原とはいえ非常に暑く、水温も27〜28℃と魚にとっても厳しく、釣果の方もさっぱりの状態でした。
公式プラの時点で水温は24〜25℃、少し魚も釣りやすくなった感じでした。

本戦初日、台風が近付く中、開催が危ぶまれたが、雨は多少強まっていたものの至って静かな朝、 予定通り幕をあけました。

スタートして入ったエリアは琵琶島東側に位置するハンプ群。
ここを“ライトキャロ+ジャバスティック3in”で釣っていきました。
台風の影響で気圧が下がっていたため、私を含め多くの選手も順調に竿を曲げている。
結局、この日は9本を釣り、3本入れかえて3304g、3位での好調なスタートを切った。
嵐を呼ぶ男(古っ!!)健在である。

2日目も同じエリアにて釣り始めました。
朝の貴重な2バイトをしっかりフッキングへ持ち込んだが、2本とも痛恨のラインブレイク!
このエリアのハンプ群は非常に鋭角な岩が点在しており、それに引っ掛けてのハングオン等でバイトを得ていた為、ラインに傷が入っていたと思われる。
太めのラインを選択しなかった、完全に私の判断ミスである。
その後、周りはポツポツと竿を曲げ、順調に匹数を延ばしている。
私には何も起こらず、精神崩壊しそうになりながらノーフィッシュで1時を迎えた。


このままでは終わる・・・。
そう判断し、砂間ヶ崎のバンクへとバウを向けた。
ここで400gのファーストフィッシュを手にし、残りの1時間を琵琶島ハンプ群へ賭けた。
帰着のわずか10分前、テムジンのプロトのキャロスペシャルがきれいに弧を描いた。

上がってきたのは約700gの漆黒のスモールだった。

2日目、1098g37位。予選18位にて突破したものの大きく順位を後退させてしまった。

二日目、帰着間際に釣った漆黒のスモール
決勝戦。朝から晴天。
この日は大いにまくりたかったが、同エリアにて朝一に2本。
この後エリア、釣り方、色々と変えて試みたが、気圧の上がった野尻湖に手も足も出なかった。
1168g18位、総合18位にて野尻湖戦を終えた。

この日も上位はしっかりと3kg超えを果たしている。
釣り方をアジャストすれば大きなウエイトを持ってくるTOP50のレベルの高さを痛感した試合だった。

非常に厳しい試合ではあったが、年間ランキングは何とか7位のまま踏みとどまった。
私もイマカツトップチームに身を置いている以上、もうルーキーもへったくれも無い。
こんな成績で満足する訳にはいかない。
今江の掲げた高いハードルも、頑張って越えていきたいと思います!
応援していただいているファンの方々、仲間、家族、そして自分の為に、残り2戦、全身全霊でひたすら上位を目指し戦いぬきます。

まもなく旭川ダムへプリプラへ向かいます。
頑張ってきます!

応援に来ていただいたファンの皆さん、ありがとうございました。






HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ