IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
ジャークベイト

私の好きなルアーのカテゴリーの中にジャークベイトがあります。
ジャークベイトと言えば、春先のプリスポーンの時季に有効であるというイメージも強いですが、私の中では早春から晩秋までの長い期間、非常に良く釣れるルアーだと思っています。
特にこれから、スポーニングから回復したバスは朝夕のフィーディングには執拗にベイトを追い回しボイルも頻繁に起こります。
そんな際にも非常に効果を発揮するルアーの一つです。

国内外の数多くのジャークベイトを使用してきましたが、その中でも長くフェイバリットとして使ってきた一つがラトリンログです。
このルアー、軽くて飛ばないし泳ぎもヌメヌメとしていて初めは「ん???」と思わせるルアーなのですが、実は非常に良く釣れるルアーです。
私が考えるに、その軽さゆえの着水音に肝があるのではないかと思います。
音にすると「ポチャ」では無く「パシャ」といった感じ。
その軽い音がバスを寄せているように思います。
着水後、波紋が消えるまで待ち、その後軽いトゥイッチやリトリーブを始めた直後に「ガボッ」っとくる事が多く、興奮度満点のルアーです。

ケビンバンダムも愛用している事で有名なルアーです。

そして近年、最も気に入って使っているジャークベイトが、リップライザーです。
流れの強いバックウォーターでも流れに負けずしっかり泳ぎ、驚く程の集魚力があります。
さらに魅力なのが、その飛距離。
このクラスのどのジャークベイトと比較しても非常に良く飛びます。
私は昨年の府中湖での取材で初めて使ったのですが、それ以来すっかりフェイバリットルアーの仲間入りとなりました。

ライザーで狙うも良し、ただ巻きも良し♪

ともに大きな特徴は違いますが、何よりも長年定番として使っていけるルアーです。
皆さんもぜひ次の釣行にでも使ってみてくださいね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ