IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
ジャバスティック

マスター戦での南プロや前山プロのウイニングルアーとなった事など、すばらしい成果をあげているジャバスティックですが、私も多分に漏れず溺愛モードといった感で、トーナメント、プライベートの釣行の際には必ずと言って良いほどリグられているワームです。
皆さんも手に取られて釣果を楽しんでいられると思いますが、では「なんでこのワームこんなに釣れんの?」ということで、私なりに考え付いた事や、それに合わせた使い方などを、今回はご紹介したいと思います。

最近、高比重のフォールスピードが速いワームが非常に重宝されていますが、ジャバスティックはその対極にあるワームだと思います。
このワーム、非常に高浮力なんです。
皆さんもパッケージから取り出されて、洗面所でもお風呂でもいいので、水の中に投げ入れてみてください。
完全にボディーを水面に浮かべて、艶かしくゆれるジャバスティックを見れるはずです。
この高浮力にこそ、ジャバスティックの釣れる肝が隠されていると私は考えています。

完全に水に浮くジャバスティック
「オモリつけて沈めたら、全部同じとちゃうの?」と思われるかもしれませんが、ワームの水中姿勢はバスのバイトを誘発するのに非常に重要なファクターの一つと考えています。

例えばテキサスリグの場合、高比重のワームを使うと、ボトムでワームが完全に腹ばいの状態になります。
では、ジャバスティックではどうでしょう?

シンカーが着底後、テールを上にジャバスティック自身が起き上がるアクションを演出します。そしてテールを天に向けたまま立ち続けます。
このまま繊細なアクションを加えると、ジャバスティックは立ったままテールを震わせます。
まさに、小魚がボトムをついばむ様なアクションです。
バスだけでなく、私も釣られてしまいそうです(笑)

ボトムでテールを持ち上げるジャバスティック
では、私のフェイバリットのキャロライナリグの場合は、皆さんご存知の様にシンカーとルアーは、リーダーをはさんで離れた距離にあるので、シンカーの後からルアーが追いかけてくる形になりますね。
このリグでジャバスティックを使うと、水中をふわふわと漂うのでロッドで引きずってステイを交えてあげれば、常にノーシンカーの様な状態をディープウォーターでも演出する事ができます。
その際も常にテールを持ち上げようとするので、アングラーがアクションを加えなくても、ジャバスティック自身がアクションしてくれるのです。
このアクションこそが、バスを強烈に惹きつける要因だと思います。
もちろん、ネコリグノーシンカーでも、このアクションは出るので、どんなリグでも、良く釣れるワームだと思います。

皆さん、ジャバスティックの凄さがお解り頂けたでしょうか?
水中のイメージが掴めれば、集中力を維持して釣り続ける事が可能になると思います。
ルアーには必ず製作者の意図が隠されていると思います。
その隠された意図を紐解いていくのも、ルアーフィッシングの楽しみの一つですよね!
ジャバスティックで皆さん大いにバスを釣って下さいね。


HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ