IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
霞水系アーリーサマーパターン

九州、四国では例年より早く梅雨明けしましたね。
関東地方はもう少し先になるかとは思いますが、少し気が早いですが霞水系のアーリーサマーパターンの話をしようと思います。

梅雨が明ければ、いよいよ夏本番、太陽がぎらぎらと照りつけて気温も水温も上昇傾向になっていきます。
なかなか人間にとっても大変な季節ですが、それはバスにとっても同じことで、少しでも水通しの良い場所やシェードなどにつきたがる傾向が強くなっていきます。
更に意識したいのがボディウォーターの存在です。
当然の様に霞ヶ浦には多くの流入河川の存在があります。
西浦、東浦で集められた水は三つ又沖で大きな一つの湖流となり、天王崎、和田岬のボトルネック状に狭まった地形により更に勢いを増して北利根川に向かう大きな流れのことです。
スポーニングをいち早く終えた大型の個体は、こういったボディウォーター近辺に集まりだすので、こういった基本的な考えの下に、狙い場所を絞っていくのが、ビッグフィッシュへの近道だと思います。

具体的には、本湖ファーストブレイクの杭やマンメイドの縦ストが良い条件を満たしているのですが、更にプラスアルファーでそういった場所にハードボトムやハンプが絡めば一等地ですね。
流入河川に目を向けるなら、流れのあたる場所に位置するウッド系カバーやオダや捨て網なども爆発力を秘めているので、チェツクしたいポイントです。

オダや杭に当てたらライジング、そしてまた当てる攻め方が有効的。

後、気にかけて置かなければならないのが風の存在です。
朝は晴天無風だったりしても、日中は必ずと言っていいほど南よりの風が吹いてきます。
こういう風の吹き始めは、非常にバイトが集中しやすいタイミングなので、朝、良い場所に入ったのに釣れなくても、さらに入り直すのも有効だと思います。

杭や縦ストを攻める時に、意識したいのが太陽の存在です。
たった一本の単発の杭でもバスはこの時期、シェードになる側にいますのでバスが頭を向けている位置を意識して目の前よりは、尾びれ側の方へルアーをプレゼンテーションすることを心がけて下さい。
こういった細かいアプローチも釣果を伸ばすには大切なポイントですね。

縦ストにはじっくりバスに見せて使いたいルアー。
わずかな流れでも多くのパーツが動くモジャオが最適です!

釣りをする側の人間も一日中、太陽にさらされて消耗も激しいですから時には休憩を取ったり、水分なども充分に用意して楽しんで下さいね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ