IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
モグラ+ジャバロン

モグラジグのトレーナーには何を使いますか?
勿論、ポークやホッグ系のワームなどはとても効果的ですよね。
さらに、もうひとつ憶えておいて欲しいのがジャバロンをトレーラーにすることで、多くのシュチエーションを攻める事が可能になります。

ジャバロン自体がシャローからディープ、カバー、オープンウォーター、さらにバックウォーターやリバーなどの流れのある場所など多岐にわたって使えるルアーですよね。
この凄い性能を持ったルアーをモグラジグと組み合わせることで、さらに破壊力のあるリグにする事ができます!

ジャバモグラ達。

モグラジグの特性を活かしたカバー打ちでは、カバーに逃げ込んだベイトがボトムへ逃げて行くように演出できます。
そして、ボトムについた時にジャバロンが「くの字」に折れ曲がって、ブルルンと震えるんです。
この震えに強烈に反応する時があるので、是非とも躊躇せずにカバーの中にぶち込んで下さい。

さらに、オープンウォーターやウィードエリアではスコーンリグのような、スイミングを中心にした中層の釣りも効果的ですし、流れのある場所ではドリフトさせるのも有効ですよ。
特に、落ち鮎の頃には強烈なパターンとなるので憶えておいて下さいね。

さあ、そこで肝心のジャバロンのサイズですが、込み入ったカバー周りでは90や110で一体感が出せるように気を使っています。
少し隙間のあるようなカバーではビッグフィッシュ狙いで140を使うのもいいですよ。
オープンウォーターや流れのある場所では140や160でしっかりと存在感を出した方が効果的です。
160を使うときはアシストフックを付けてフッキングを良くさせて下さい。

先日の養老川釣行で釣り上げた真っ黒いバスも
モグラ8/3oz+ジャバロン140でした。

ジグのトレーラーにはこれっという固定観念を壊して是非、ジャバモグラ試してみて下さいね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ