IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > Y.OGAWA Yoshihiro Jane


Catch The Dream 小川美裕 by Ameba



 
ドラグ調整(スピニング編)

皆さんドラグ調整はどの様にしていますか?
リールメーカーのカタログを見るとロッドにリールをセットしてファイト時の竿の角度を維持して糸を引き出しながら調整してくださいと書いてます。
実際、これで正しいですが、仮に6ポンドを使用する時これぐらいで、10本ポンドの時はこうですとは書いてないですよね。
一般的には1ポンド450gなので6ポンドなら450g×6=2700g以上の負荷がかかると切れますよと言うことなので、その3分の1の900g以上の負荷がかかった時にドラグが作用してラインが出るように設定するのがいいと言われてます。
これは、実際にラインの先をバネバカリに結べば調整可能ですよね。

ではでは、トッププロと呼ばれる人はどうしているか?
ばねばかりで・・・いやいやしてませんよ(笑)
もう、これは経験からの感覚で調整していますね。
教科書どうりに設定したから絶対に大丈夫なんて事は無いですからね。
それに、ドラグ調整は実際に魚をかけてから行っています。

フッキングがしっかりと決まるように、ドラグが滑らないように調整しておいてフッキングを決めた時にある程度の魚の重さを感じとってビッグなら、多分皆さんが考えている以上に緩めていますね。
もちろん、周りに立ち木などの無いオープンウォーターという設定での話しですよ。
そのバスが一生に一度のスーパービッグなら泣くに泣けないですよね。
だから、一日かかってもいいから獲る!
そんな心持ちで、バスが走ったらとことん走らせて慎重に慎重にやり取りするように心がけています。
特にフィッシングプレッシャーのかかった試合では、ライトラインの使用が多くなるので尚更です。

逆転止めストッパーをオフ!

それと、スモールマウスを相手にする際、前山プロから教えてもらった裏技なんですが、一発目のスモールの強烈な突進をかわすために、ドラグを併用しながら逆転止めのストッパーをオフにしてハンドルから手を離してしまいハンドルを逆回転させて、魚が走るのをやめたら巻き取る。
走ったら、また逆転を繰り返してやり取りするというラインにとても優しいやりかた。
これは、ある程度のテンションをかけておかないとバレル原因にもなるので慣れが必要ですが
試してみると、とても効果的だったので今後も多用していこうと思っています。

右が正常のフック
伸ばされながらもドラグを駆使することで大きいバスが獲れます!

やり取りの上手いプロほど慌てずに慎重に無駄なくランディングまでスムーズに行っています。
なので、バスをかけた後も如何に落ち着いて行動できるかが大切なのかななんて考えています。
だって、ラインブレイクはアングラーよりもバスにとって最悪なんですから、かけたら何としても獲ってあげるのがアングラーの努めですよね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ